結果が見つかりませんでした

検索に一致しませんでした。

お探しの内容を見つけるために、以下をお試しください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードのシノニムを使用します。たとえば、「ソフトウェア」ではなく「アプリケーション」を試してください。
  • 次に示す一般的な検索をお試しください。
  • 新規検索
最新の質問
 

マイクロサービスを始める

 

マイクロサービスは最新のソフトウェアを開発するためのアーキテクチャ・アプローチです。それぞれのコアな機能(サービス)は個別に構築およびデプロイされる関連するビジネス・コンテキストを表します。マイクロサービスは、アプリケーションの構築と保守のアジリティを実装しており、レガシー・ソフトウェア開発のモノリシック・アプローチとの対比を表しています。現在、アプリケーションの最新化はマイクロサービスと同義です。

マイクロサービスの詳細については、モノリシック・アーキテクチャ、マイクロサービス・アーキテクチャの導入に関する考慮事項、通信機能、12要素のデプロイ方法、Kubernetesによるデプロイ、データ永続性、サービス・メッシュ、およびマイクロサービスを設計するためのベスト・プラクティスとの対比を参照してください。

マイクロサービスの利点

わかりやすい導入

サービスのデプロイ・モデルをサポートする継続的な統合と継続的なデプロイを実現して、新機能の市場投入までの期間を短縮します。

オンデマンドによるパフォーマンスの拡張

サービスごとに個別にサービス・コンテナまたはデータ・プラットフォームを拡張して、機能の要件を満たします。

設計による高可用性

アプリケーション全体に影響を及ぼさずに、独立したサービスを置換または廃止します。アプリケーション全体をクラッシュするのではなく、サービスを低下して、個別のサービス障害を適切に処理します。

Oracle Cloud Infrastructureでマイクロサービスを構築する方法を学びましょう。

 

マルチクラウドおよびハイブリッド環境

 

マルチクラウドおよびハイブリッド環境

Kubernetesとサービス・メッシュでは、マイクロサービスをエンタープライズ・データ・センター、またはエンタープライズ・データ・センターとOCIを組み合わせたハイブリッド・クラウド環境にデプロイできます。また、他のパブリック・クラウド内のKubernetesとサービス・メッシュがサポートされているため、マルチクラウド環境もサポートされています。ベスト・プラクティスはLiveLabsとリファレンス・アーキテクチャで共有されます。

オラクルのコンバージド・データベースの利点

 

オラクルのコンバージド・データベースの利点

データドリブン・マイクロサービスの重要な側面は、さまざまなデータ・タイプをデプロイし、コンテナで複数のデータベースをサポートし、自律的な管理機能を実装するデータ管理プラットフォームをデプロイすることです。OCI上のOracle Autonomous Databaseでは、インテリジェントなデータドリブン・マイクロサービスを簡単に構築できます。

 

オラクルによるマイクロサービス・アーキテクチャの簡素化

マイクロサービス向けの完全なオープン・プラットフォーム

アプリケーションの最新化を実現するには、複数のテクノロジーを統合して、適切なマルチクラウド・マイクロサービス基盤を構築する必要があります。Oracle LiveLabsでは、オラクルのツールとテクノロジーにアクセスして、さまざまなラボとワークショップを実行できます。このようなワークショップでは、オラクルとともにオープン・テクノロジーを使用して、柔軟にデプロイできるわかりやすいアーキテクチャを構築する方法を説明します。有益なマイクロサービス・プラットフォーム・スタックで、OCI、Autonomous Database、Helidon、Micronaut、WebLogic、Java、Docker、Kubernetes、およびIstioサービス・メッシュで提供されているクラウドおよびハイブリッド・コンポーネントによって、Oracle LiveLabs内のマイクロサービスを構築しましょう。マイクロサービスへの移行を開始するか、この移行をすでに開始している場合は、簡素化するために、モノリス・エンタープライズ・アプリケーションの最新化に役立つ複数のラボがあります。

マイクロサービス向けの完全なオープン・プラットフォーム

オラクルのコンバージド・データベースによるデータドリブンのマイクロサービス

Oracle LiveLabsの一つでは、最新の開発スタックによって、データ・アーキテクチャのわかりやすさを重点的に取り上げるために、フード・デリバリ・モバイル・アプリ(GrabDish)を構築します。業界でラムダおよびカッパ・アーキテクチャとして従来採用されていた専用のデータベースの複雑性(リレーショナル、テキスト、空間、グラフ、メッセージング・システム向けの個別のシステム)をオラクルのコンバージド・データベースによるデータドリブンのマイクロサービスの構築の単純性と対比します。このラボは、開発者およびアーキテクト向けであり、新しいマイクロサービスの設計を目的としています。また、DBAが社内のアプリケーション最新化プロジェクトにおけるOracle Databaseの役割を理解するために役立ちます。自律型データベース、Dockerコンテナを含むKubernetesクラスタ、Oracle AQトランザクション・メッセージ、およびHelidonは、Kiali、Jaeger、Prometheus、およびGrafanaで設定された追跡と監視によって、リレーショナル、JSON、空間、およびグラフ・データを操作するJava、Node.js、およびPythonマイクロサービスを表すために使用されています。イベント・ソーシング、CQRS、SAGAなどのマイクロサービス・パターンは下図のとおりです。

GrabDishマイクロサービスへのアクセス

オラクルのコンバージド・データベースによるデータドリブンのマイクロサービス

構成要素

マイクロサービスは、調和して動作するように、多くのテクノロジーを統合しています。このようなコンポーネントは、OCI上のマネージド・クラウド・サービス、サービス・プロバイダが提供するAPI、またはエンタープライズ・データ・センター内で動作するアプリケーションおよびインフラストラクチャ・コンポーネントです。このページでは、堅牢で高パフォーマンスのマイクロサービス・アーキテクチャを構築するために必要な構成要素について説明します。

ハイブリッド・クラウド・サービス

監視と追跡

OCI監視
OCIログ

マイクロサービスの用語

サーバーレス - 永続的な状態はデータ・ストアで不要であり、タスクはオンザフライ(ラムダ関数、APIゲートウェイなど)で実行されます。

APIドリブン - マイクロサービスはREST APIで相互に通信します(たとえば、APIゲートウェイによって、マイクロサービスごとにAPI定義があります)。

非同期マイクロサービス - Oracle AQ、Apache Kafkaなどのキューまたはストリーミング・ソフトウェアによって、非同期メッセージングで疎結合を実現します。

ワークフロー・アクション - Camunda、Zeebe、hour.ioフローなどのBPMNフレームワークによって、長時間のトランザクションも表すビジネス・フロー(ループに人間を含む)。

自動的なワークフロー - Apache Airflow、Argo(CNCF)などの自動的な方法(ループに人間を含まない)によって、わかりやすいワークフローとして実行されるタスク。

データドリブン - データ・アーキテクチャでは、通常、オラクルのコンバージド・データベースなどの永続的なストア、または特定用途のデータベースによって、運用と意思決定を行うためのアプリケーション内のデータの使用が推進されます。

クラウド・ネイティブ - クラウド上で作成された、CNCFコンポーネントとOCIサービスを含むなど、完全にクラウド向けに開発されたアプリケーション。

ハイブリッド・クラウド・マイクロサービス - Kubernetes/Service Meshなどによって、独自のデータセンター(プライベート・クラウド)とパブリック・クラウドで動作して、独自のクラウドとパブリック・クラウド(クラウド・バースティングのユース・ケース)でオーケストレーションします。

マルチ・クラウドのマイクロサービス - Kubernetes/Service Meshなどによって、複数のパブリック・クラウドと独自のデータセンター(プライベート・クラウド)で動作して、複数のクラウド(リスク軽減、および1つのパブリック・クラウドへのロックインの防止)でオーケストレーションします。

マイクロサービスの課題

マイクロサービスは、アプリケーションの最新化と同義であり、すべてのアプリケーション開発を推進する方法ですが、マイクロサービス・アーキテクチャにさらに効率的に移行するための考慮事項があります。

  • アプリケーションの独立したマイクロサービスの数を選択 - サービスごとのコンテキストが非常に小さい場合は、数千のマイクロサービスがデプロイされ、調和して動作するように期待される必要があると、マイクロサービス環境は複雑になります。エクスペリエンスは、20~50のマイクロサービスが適切な境界コンテキストで特定されると、マイクロサービスへの移行によって、有望な利点がさらに実現していることを表しています。
  • 複数のマイクロサービス境界にトランザクションを導入することはXAトランザクション(場合によっては、同期とパフォーマンスの制限)の課題です。非同期SAGAは、パフォーマンスと堅牢性が向上していることが証明されており、オラクルのコンバージド・データベース内のサポートによって、さらに簡素化されています。
  • マイクロサービス間の疎結合の必要性はREST APIの同期サービスの使用に関する課題になっています。メッセージング/キュー・システムでは、ハイブリッド・クラウド環境でアプリケーションをデプロイする場合、この通信は非同期でさらにスケーラブルになります。
  • トレースと監視容易性は、アプリケーション層または中間層で重要であるだけでなく、データ層でマイクロサービス・アーキテクチャの包括的なエンドツーエンドのデプロイとサポートにとって重要でもあります。ツールと分析の統合はハイブリッド環境向けのこの重要な側面に対処し始めています。

マイクロサービスのお客様事例