No results found

Your search did not match any results.

We suggest you try the following to help find what you're looking for:

  • Check the spelling of your keyword search.
  • Use synonyms for the keyword you typed, for example, try "application" instead of "software."
  • Try one of the popular searches shown below.
  • Start a new search.
Trending Questions
 
Japan

Oracle Developer Day

未来を創造する最新テクノロジーを今、あなたの手に。

2021.12.17 (Fri) | 13:00 – 17:45

『未来を創造する最新テクノロジーを今、あなたの手に。
』 をテーマに、ITに携わるすべての開発者とエンジニアにお届けするオンラインイベント。

Oracle Developer Day 2021

未来を創造する最新テクノロジーを今、あなたの手に。

Oracle テクノロジーの最新情報を入手し、システムのインフラストラクチャとアプリケーションデザイン、オペレーションの最適化に向け、Oracle Developer Day をぜひ活用ください

  • 開催日時:2021年12月17日(金)13:00 – 17:45
    *12:50 接続開始 (Zoom)
  • 参加費:無料 *事前登録制
    *ハンズオンセッションは別途登録が必要です

タイムテーブル


*セッション毎に5分間の休憩を挟みます
*ハンズオンセッションは別途登録が必要です
*セッションとハンズオンの詳細は各タブをご確認ください
Times shown in

オープニング

データベースへのアクセスに使われ続けるSQLの性質を再確認

SQLはリレーショナル・モデルへのインターフェースとして考案された言語ですが、現在ではそれ以外のドキュメント・モデルやネットワーク・モデルでも使用されるようになりました。それはSQLは他の手続き的言語とは異なる特徴を持っているためです。

本セッションではSQLの実行モデルを再確認し、その特徴を活かすアプリケーション開発と、データベース・エンジンの実装にはどのような性質を備えているべきかを解説します。

チューニング不要でSQLを高速化するHeatWaveとは?

HeatWaveはMySQL Database Service向けのクエリー・アクセラレーターです。 ETLツールなどを使わずアプリケーションはそのままに分析系のSQL文を大幅に高速化できます。

新たにMySQL Autopilotという機械学習を活用したHeatWaveの自動化の仕組みが加わり、運用を効率化してさらにSQL文の性能の向上を簡単に実現できるようになっています。他のデータストアとのベンチマークテストの比較をあわせてご紹介いたします。

  • 梶山 隆輔

    Oracle Groundbreaker Advocate
    MySQL Solution Engineering Director JAPAC

IaCでクラウドインフラの運用を効率化しよう

クラウド利用の拡大と共に、管理対象サーバーは増加し、運用コストも増加傾向にあります。
IaC (Infrastructure as Code)は、日々のインフラ運用タスクを自動化し、工数削減、品質向上を目指す取り組みです。
本セッションでは、Oracle Cloud InfrastructureでのIaCの推進を支える様々なサービスやツールをご紹介しながら、クラウド上でのインフラ運用を効率化する方法についてお伝えします。

  • 丸川 祐考

    Oracle Groundbreaker Advocate
    Principal Cloud Solution Engineer

機械学習プラットフォームとしてのAutonomous Database

Oracleのクラウドサービス Autonomous Databaseはあらゆるワークロードを実行できるデータベースです。 OLTPやデータウェアハウスだけでなく、実は機械学習のワークロードも実行できます。 開発言語はPythonもしくはSQLとなりますが、新機能のAutoML UIを利用することで、難解な統計アルゴリズムやプログラミングの知識不要!わずか数クリックで簡単に機械学習の処理が実行できるGUIウィザードが実装されています。

本セッションではデモも交え、そんなAutonomous Databaseの「かんたん機械学習」についてご紹介します。

Oracle が提供する Enterprise Java の今

昨今、エンタープライズの世界においても「コンテナ」や「Microservices」などのキーワードを耳にする機会が増えてきました。

本セッションでは、「Coherence & WebLogic × Kubernetes」、Microservices FWである「Helidon」の最新情報をお届けし、新しい技術や考え方を、OracleはEnterprise Javaにどう適用しているのかをお伝えします

GoldenGate Stream Analyticsで始めるリアルタイムデータ分析

リアルタイムなデータを分析し活用することは、企業のデジタルトランスフォーメンションにおいて、重要な役割を持っています。

このセッションでは、Marketplaceから簡単にプロビジョニングできるようになったOracle GoldenGate Stream Analytics(GGSA)を用いたリアルタイムデータ分析について、デモを交えながら紹介したいと思います。

OCIコンテナ関連サービス最新事情〜OKEと周辺サービスの現在地と未来〜

エンタープライズ領域でも「コンテナ」や「Kubernetes」という単語を耳にする機会が多くなってきております。OracleでもマネージドなKubernetesサービスそしてコンテナ・レジストリを提供しております。

本セッションでは、この2つのサービスの機能を眺めながら、現在地そして未来を見ていきたいと思います。

クロージング

【ハンズオン】 OCI DevOps Serviceで体験するCI/CDパイプラインの基本

本ハンズオンセッションでは、OCI DevOps Serviceを利用して、ソースコードの変更をトリガーに、テスト、コンテナイメージビルド、Kubernetesクラスタへのアプリケーション(サンプル)をデプロイする工程をパイプラインとして自動化するハンズオンセッションです。座学でコンテナアプリケーション開発におけるCI/CDについてもお話します。コンテナアプリケーション開発におけるCI/CDの一歩を一緒に踏み出しましょう。

【ハンズオン】 Oracle Cloud Infrastructure ~ Always Free で作る簡単データーベースアプリケーション

Oracle Cloud InfrastructureにはAlways Freeという無料サービス枠があります。 無料と聞くと「どうせ大したサービス使えないでしょ?」と思われるかもしれませんが、Oracle Cloudの場合は、仮想マシンが2つ、ロードバランサー、おまけに自律型の「Oracle Autonomous Database」が2つも作れてしまうのです。

本ハンズオンセッションではAlways Free枠を活用して、データベースアプリケーションを作る方法について体感します。

*本ハンズオンは日本オラクルでOracle Cloud Infrastructureの基盤技術を担当するエンジニア達が皆様のサポートをいたします

  • OCIソリューション部

セッション登壇者

日下部 明
日下部 明 Principal Cloud Solution Engineer

日本オラクル Oracle Database担当。主にRACやData Guardを必要とする高性能かつ高可用性システムのソリューションデザインの提案などを担当。

著書「これは使えるOracle新機能活用術」(翔泳社)

Oracle Code Night : Oracle Database Technology Night メンバー

On-demand videos

Oracle Maximum Availability Architecture (MAA) - アプリケーションの継続性 (1:36:10)

Oracle Databaseのデータ・プロテクション詳解 (1:44:29)

Oracle Real Application Clusters (1:42:52)
梶山 隆輔
梶山 隆輔 Oracle Groundbreaker Advocate
MySQL Solution Engineering Director JAPAC

オラクル社において、MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するソリューション・エンジニアチームのアジア太平洋地域リーダー。
多国籍なMySQL部門にてアジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。

Oracle Code Night : MySQL Technology Cafe 主宰

On-demand videos

MySQL 8.0リファレンスマニュアル日本語化プロジェクト (1:32:55)
市川 豊
市川 豊 Oracle Groundbreaker Advocate
Principal Cloud Solution Engineer

これまで、インフラエンジニア、フロントエンドエンジニアとして官公庁のシステム基盤を中心としたサーバの設計構築、運用保守、Webシステム開発を担当。
技術教育者として専門学校でクラウド技術やOSS(Linux、Docker、Kubernetes)の授業を担当し、企業様向けプライベートトレーニング講師も担当。
アドボケート/エバンジェリストとしてミートアップ、カンファレンスで登壇。
現在は、日本オラクルでクラウドネイティブ技術を中心とするプリンシパルクラウドソリューションエンジニアとして活動。
クラウドネイティブ技術に関連するコミュニティの運営にも積極的に参加。

著書「Dockerコンテナ開発・環境構築の基本」(インプレス)

Oracle Code Night : Oracle Cloud Hangout Cafe メンバー

On-demand videos

CI/CD 最新事情 (1:13:44)

Observability 再入門 (1:05:31)

Oracle MySQL Operator for Kubernetes プレビューリリース版解説 (44:14)
川村 修平
川村 修平 Oracle Groundbreaker Advocate
Cloud Solution Engineer

SIerにて、Java製の社内共通フレームワークの開発・保守やCloud Nativeな案件支援に従事。
日本オラクルでは、SIer時代の知見を活かし、主にServerless, API Management, Kubernetes等のCloud Native領域の案件支援を担当。

Oracle Code Night : Oracle Cloud Hangout Cafe メンバー

On-demand videos

Oracle Cloud-Cloud Native2021 (1:32:35)

生体認証のイロハ (1:15:25)

マイクロサービスの認証・認可とJWT (1:19:16)

仁井田 拓也
仁井田 拓也 Oracle Groundbreaker Advocate
Cloud Solution Engineer

SIerにて様々なOSSを活用したシステム開発を経験し現職。
現在は、SIer時代の知見を活かし、ソリューションアーキテクトとしてクラウドでのアプリケーション開発やクラウドネイティブ技術に関する技術支援、案件支援に従事。

Oracle Code Night : Oracle Cloud Hangout Cafe メンバー

On-demand videos

Cloud Native流のストレージ管理 (1:37:20)

Kubernetesクラスタの管理術 (1:33:21)

コンテナ・ランタイムの未来 (1:43:40)

Oracle Cloud-Cloud Native2021 (1:32:35)

Kubernetesのネットワーク (1:27:56)

Kubernetes のオートスケーリング (1:34:22)

Oracle Developer Days 2020 GraalVM + Helidon + OKEで構築するマイクロサービスアプリケーション (39:49)

野中 恭大郎
野中 恭大郎 Oracle Groundbreaker Advocate
Cloud Solution Engineer

ERPパッケージベンダーに新卒で入社後、アプリケーション開発業務に従事。
新機能開発、パフォーマンス改善、フロントエンド基盤のリプレイス、問い合わせ対応など幅広く担当。
日本オラクルに入社後は、アプリ開発者としての経験を活かし、サーバレスやKubernetesなどのCloud Native領域を担当。

Oracle Code Night : Oracle Cloud Hangout Cafe メンバー

On-demand videos

サービス間通信のトレンド - gRPC & GraphQL入門 (1:21:42)

明解! NoSQLの勘所 (1:16:11)

Oracle Cloud-Cloud Native2021 (1:32:35)

Oracle Developer Days 2020 【基調講演】日本IBM、日本マイクロソフト、日本オラクルが本音で語る ”クラウド開発 コトはじめ” (42:26)

丸川 祐考
丸川 祐考 Oracle Groundbreaker Advocate
Principal Cloud Solution Engineer

日本オラクルで主に製造業向けのソリューションアーキテクトとしてERPからデータベースまで幅広く担当したあと、2015年よりクラウドサービスの部署に異動。
日本でのPaaS/IaaSビジネス立ち上げや、日本リージョン開設プロジェクトの技術担当などを経て、Oracle Cloud Infrastructureのお客様を技術面から支える仕事をしています。

著書「Oracle Cloud Infrastructure 徹底入門」(翔泳社)

Oracle Code Night : OCIスキルアップセミナー 主宰

On-demand videos

Oracle Cloud Infrastructure 課金にまつわるエトセトラ (1:29:01)

ロード・バランサ・サービス(再)入門 (1:19:43)

Oracle Developer Days 2020 Always Free枠で構築する快適DBアプリ開発環境 (43:50)

メディアスポンサー